クラフトのユニバーサルデザイン。公共トイレ、公園・景観施設の設計。

HOME > クラフトデザイン > ユニバーサルデザインへの取組 1/3
ユニバーサルデザインへの取組

少子高齢社会が進展する中、何らかの形で身体に不自由のある方が増加しています。このような社会の中で、どのような方でも使いやすい施設や道具を作り、提供して行くこと=「ユニバーサルデザイン」が大切であるとクラフトは考えています。

「すべての人のためのデザイン」としてのユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの解釈はいろいろですが、アメリカの建築家ロン・メイスによって1990年ころに構築された比較的新しい考え方です。人間のいろいろな「違い」を特別視することなく、社会全体を暮らしやすく、使いやすく設計するというような考え方のことを指します。障がいのある人も等しく同じ社会で生きるといったノーマライゼーションや、社会に生じてしまった障害を取り払うという意味でのバリアフリーとも似かよった考え方ですが、ユニバーサルデザインは、どの考え方よりも幅の広い豊かな考え方で、現在あらゆる分野で取り入れられつつあります。特にトイレの設計においては、最も重要なポイントであるとクラフトは考えています。

公園を含む地域社会は、非常に公共性の高い場所です。どなたでもお使いいただけるトイレは公園においては必需品であり、私たちが最も力を入れている製品です。

クラフトでは女性のデザイナーの視点から、「ユニバーサルデザイン」というコンセプトのもと、1992年より先駆けて、以下の様な機能を導入、常に改良を図ってきました。

ここでは、具体的にどうクラフトが公共トイレにユニバーサルデザインを取り込んで、形にしてきたのかをご紹介します。

公衆トイレに大型のトップライト(明るさ)

テクノシリーズ・デルタのトップライト

従来のトイレのイメージ、暗い、汚いを大きく覆す大型のトップライトを採用した通商産業省'95年グッドデザイン商品選定のTECNO(テクノ)シリーズ(93年発売)。明るくやわらかな自然光が天井から差し込みます。クラフトではテクノシリーズをはじめ、RHODES(ロードス)S・D・M・Nタイプに大型のトップライトを採用しています。

<写真>テクノシリーズ・デルタのトップライト
クラフトではポリカーボネイト、アクリルの2種類の大型トップライトをご用意しております。ポリカーボネイトは普通のガラスの200倍、アクリルは30倍の強度です。

タイル張りの室内(清潔感)

テクノシリーズの内部

タイル張りの室内は清潔感を保つと同時に日々の清掃がとても楽になります。吹きつけ塗装などの従来の壁と比べて、ふき取りやすく、汚れも付きにくくなります。テクノシリーズでは標準装備、その他RHODES(ロードス)、GEO(ジオ)シリーズでもオプション対応しています。<写真>テクノシリーズ内部