ユニバーサルデザイン、メンテナンスフリー、使う側の立場から設計されたクラフトの数々の賞に輝く、フラッグシップモデル。

               
          ユニバーサルトイレ対応、クラフトは10年来取り組んでいます。
   
クラフトはテクノを’93年に発売、そのときから誰もが使いやすく、ユニバーサルトイレに取り組んできました。テクノシリーズはクラフトの企業精神を形にしたモデルであり、その姿勢はこれからも変わることはありません。
   
  トップライト採用で明るい室内
        上部に厚手の大型ポリカーボネイトを使用。自然光を十分に取り入れた明るい室内です。ポリカーボネイトは、積雪、破損等に強く、安全性抜群です。
           
     
    すっきり、ブースが広く使えます。
       
  タンクの露出を避け、器材はすべて壁埋め込み式にしました。いたずらによる破損、タンクのつまり等、お手入れが大変楽になりました。
   
      ブース内はユニバーサルデザイン設計  
           
  ブースの中に木製のベビーベッドを設けました。赤ちゃん連れのおかあさんにとって、同じブース内に子供を寝かすことができることは大きな安心です。手荷物も十分に置くことができ、お年寄りの方もカウンターにつかまれば楽に立ち上がることができます。
 
          快適な手洗いスペース  
               
        手を洗うだけでなく、バッグを置いて、ゆったりと髪型や化粧を直すことができます。お子様でも十分に手の届く高さです。トップライトからの自然光と、大型鏡の採用で、快適空間が生まれました。  
              水のムダを省きました  
                   
            一般的に女性は、音を消すことを含めて、使用時に2〜3回水を流すと言われています。女子ブースには擬音装置が標準装備されているので、実際に流す水は1回で済み、経済性が高く資源のムダ遣いを防ぎます。  
                   
            男子トイレにカウンター採用  
                 
         

小便器前にカウンターを取り付けました。ちょっとした手荷物を置くのに便利です。また、自動洗浄装置*を取り付ければ、流し忘れによるにおいの発生を防ぐことができます。

*自動洗浄装置はオプション

 
   
     
              背部に設備室を設けました  
                   
           

給排水管、タンク、配電盤を1ヶ所にまとめましたので、点検、修理等が楽に行えます。下部には換気扇を装備、いやなにおいを防ぎます。また、設備室内にモップ掛けを取り付けました。簡単な清掃用具を収納できます。

設備室のドアには鍵が付いているのでいたずらされることもありません。

 
                   
              画期的な基礎ピット方式  
                   
           

基礎内部は、高さ800mmの空間になっています。給排水管の凍結、破損時には従来のように床を壊さず、内部より交換できますので、メンテナンス費用が大幅に軽減されます。便器の取り替え、定期点検も容易になりました。また内部を暖房し、凍結を防ぐことも可能です。寒冷地での水洗トイレ設置が楽になりました。

 
                   
              防犯のため、シャッター採用  
                   
            公共トイレでは、破損事故や犯罪のほとんどが夜間に起きています。夜間シャッターを閉じることにより、事故を防ぐことができます。地域によって冬期間閉鎖する際にも、建物本体へのダメージを軽減できます。  
                   
   
Copyright©1998-2007 CRAFTcorporation,All rights reserved.
HOME | テクノHOME | お問い合わせ |