クラフトのユニバーサルデザイン。公共トイレ、公園・景観施設の設計。

HOME > 納入実績 > 納入事例 > 首都高速道路駒形パーキングエリアトイレ 1/2
納入事例
首都高速道路駒形パーキングエリアトイレ
東京都内を走る首都高速道路上に設置された、下水道水洗式のトイレです。地盤のない道路上のため、本体を軽量にし、コンクリートベース上に設置されています。限られた空間の中で、利用者すべての方への使い易さを徹底的に追求したトイレです。
駒形パーキングエリアトイレの特徴

景観に配慮した色彩、質感を重視した外観です。

横に流れるシンプルかつシックなボーダータイル貼り。採光は上部はめ殺し窓から行い、照明器具が自動点灯して十分な明るさを保ちます。

景観・質感を重視した外観

すべての人への使いやすさを重視しました。

ユニバーサルデザイントイレ

バリアフリー新法を遵守した、だれもが使いやすい設計です。多目的トイレだけでなく、男女トイレにも手すりやベビーチェアを配置し、ブース内に十分な広さを確保しています。雨水は屋根周囲に滴ることのないよう、トイレ背面で集水、排水されます。


関連リンク:クラフトのユニバーサルデザインへの取り組み

配管設備を内蔵した、ライニングメンテナンス方式。

給水管、配水管、換気ダクトはすべてライニング内に納めました。いたずらを防止し、スッキリとした室内空間を実現。メンテナンスはライニング壁面より行います。

ライニングメンテナンス方式