クラフトのユニバーサルデザイン。公共トイレ、公園・景観施設の設計。

HOME > 納入実績 > 納入事例 > 青森県むつ市 水源地公園トイレ
納入事例
名取市中公園トイレ
青森県むつ市水源池公園には、旧海軍要港部水道として使用された日本最古のアーチ式堰堤があり、現在は県の文化財に指定されています。
公園およびその周囲は、この環境を整備し自然・水と親しむ場所として、多くの人に利用されています。起伏に富んだ公園に設置された同タイプ、3 棟のトイレは、園内の自然になじむようにデザイン。
地域の気候にあわせて寒冷地対策が施されたユニバーサルトイレです。
後谷公園トイレの特徴

観光に訪れる女性も快適に

公園は、国道が近いので観光アクセスがよく、トイレの利用者も多く見込まれます。
訪れる観光客、特に女性が快適に使用できるよう、使いやすさにこだわりました

災害用テント設置状況

「歴史公園」という景観への対応

自然豊かな歴史公園に馴染むよう、地元産の青森ヒバ・天然石を使用したデザイン。周辺環境との調和に考慮しました。

(左)かやぶき屋根をイメージしたトイレ屋根(右)杉板腰壁

風や雪を防ぐ二重の扉

各トイレのドアに加え、正面入り口にガラス引き戸が取り付けられています。
気候の特性を考慮した装備で、北国の冷たい風雪を防いでいます。

災害用マンホール
公共トイレデータ:

水源地公園トイレ

青森県 むつ市
男子・女子・多目的トイレ
型番: ロードスシリーズ RH03MW-4310
寒冷地仕様・バリアフリー新法対応

災害用テント設置状況